トピックス一覧

TVQ の取材を受けました


女性が輝く企業として

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAIMG_3640

 

 

 

5月12日 大刀洗本社でTVQから取材を受けました。

初めての事で、みんな緊張気味です。

昨年福岡県の「女性先進企業事例集」に取り上げられた事から、紙面での取材が増えて来ましたが、今回はなんと テレビ放映です!

 

代表の性別を超えた人財の活用が大きく評価されたのだと振返ります。

 

土木:建設業などは女性の活躍する場が少ない業界だとされますが、我が社の女性社員は活き活きと輝いています。

現場での業務はできませんが、社内で司令塔として円滑に楽しく業務が進み、お客様へ「まごころと大切なおもい」をお届けできる様に、工夫を重ねています。

 

そして、それは男性の支援や協力、理解の上に成り立っている事は言う迄もない事です。

 

できていない事やできない事を 数える事は容易い事ですが、

できれば、

できている事、これからできるかもしれない未来の話ができる社風を築いていけたとしたら、素敵だと考えています。

お互いを尊重し必要と感じるからこそ、豊かに働ける環境があるのだと、取材を受けて改めて感じた時間でした。

 

放映は

5月27日 (水) 午後10:54〜

Beyond  輝きWOMAN   

 

どうぞ、皆様 ご覧下さいませ。

 

 

10月のグランドデー 阿蘇へ  「逆境から何を受け取り、毎日をどう生きるか?」


OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

11月25日に「マグマ噴火」が観測された阿蘇山。

ちょうど1か月前。 10月24日:阿蘇へ社員さんとマイクロバスで移動、「大野勝彦美術館」「阿蘇プラザホテル」で開催いたしました。

 

みなさん。大野勝彦氏をご存知でしょうか?

平成元年 大野氏 45歳

熊本にて実家の家業である農作業中、農機具に両腕を巻き込まれ、両肘の下を失ってしまいます。

失意の母親の笑顔を取り戻すために、美術館を創ろう。と決心。

そこから絵を描き始め、肘に「筆」をはさみ、

魂の言葉を発信し続け、阿蘇:大分:北海道に見事美術館を建てられました。

どんな逆境にあっても、諦めさえしなければ、描いたとおりになる。

と、多くの人たちに感動と勇気を与え続けてくれている素晴らしい生き方をなさっている芸術家であり書道(?)家です。

 

いつもはなかなかいらっしゃらない大野館長もこの日は何と、

「昨日紅葉を見て帰ってきました! 明日はまた出かけます。今日しかおらんですね。」

タイミングよくお目にかかることができた上、お話を伺い、記念写真もお願いいたしました。

 

その後は、場所を「阿蘇プラザホテル」に移し、

食事の後、「桑原正守氏」のセミナーでした。

「生活」と「人生」について考えさせられた内容でした。

社会にでて、私たちはどのように「時間」を捉え、使っているのでしょうか?

 

「生活」に追われて、日常に埋没し、目的を見失っていないでしょうか?

一つ一つの出来事の先に「人生」を見据えて、どのように生きるか・・

をもし・・・考えて生きていけるとしたら・・・

 

生きているすべてに平等に与えられた「時間」は24時間。

しかし、同窓会で久しく出逢う旧友の輝きは、学生の時とは比にならないほど・・・開いている様に感じるのは私だけでしょうか?

 

同じ年齢なのに・・・

 

もし、日々の時間の使い方を少し変える事・

考え方を変えてみる事で

生き方が変わるとしたら・・・・素敵ではないでしょうか・・・

 

大野勝彦さんの様に、もし、あなたが、「明日 両腕を失ったら・・・・?」

生き方 「人生」を考える機会になりました。

 

 

大切な時間を費やし、グランドデーを開催しています。

社員の皆さんの人生に何らかの「プラスのエッセンス」を加えて行ける様、内容を考えています。

寺子屋プロジェクト 2014年新人フォロー研修 開催


2014年10月10日 午前10時〜午後4時 株式会社グランド技研にて、新人フォローアップ研修を開催いたしました。

 

この日の大きな目的は「自分のビジョンシートを作成する」事。

 

自分を取り巻く環境を可視化する事からスタートしました。

 

自分の周りには、どんな人たちが存在し、関係性はどのようなものか。

また、同じ人でも視点を変えると位置が変化する事はあるのか?

それは、なぜか?

 

そして、人称で関わり方を検証していきました。

物事の捉え方を自己中心的に考えて行動するか

物事の捉え方を少し広げて、周囲との関係性まで考えて行動するか

 

それは、どのような変化をもたらすか?

 

自分以外の人の目標や夢に関わる事が、自分の潜在能力を引き出す機会になるのではないか・・・?

そのような映像を鑑賞し、ビジョンシートの作成に取りかかりました。

 

次回は、11月20日 開催です。

後半は、親睦会の予定です。

リクエストは「鍋」  どんな 親睦会になるか・・・楽しみです。

 

 

※ 鑑賞した映像は 「チーム ホイト」で検索するとヒットします。

※ 親子でトライアスロンに参加する内容の映像です。      興味のある方は どうぞ。

 

 

9月から 18期になりました。 最強の助っ人です。


__ 2 __ 3

同時力(同時に複数を行う)のマスタ-。食事の合間にfacebook投稿です。

 

東京に本社を置く、ソーシャルアライアンス 株式会社 代表取締役会長 桑原正守氏が昨日9月2日から福岡にお出で下さいました。

 

弊社代表 萩原とは15年来のお知り合いであり、経営コンサルの顧問をお願いしています。

 

全て何か食べているものばかりですが、お仕事の話もしっかりしました。

 

桑原氏は、独立前には世界40か国以上に影響を与える自己啓発プログラムの世界一を獲得された、伝説のセールズマンであり、コミュニケーションのマスターです。

ご自身でプログラムを作成されたり、書籍も複数あります。

先日の新人研修にはDVDを教材に使用させていただきました。

そんな最強の経営顧問と共に、記念すべき18期を迎える事となりました。

 

更なる飛躍と充実・わくわく感を社内でシェアして、お客様・お取引様・何より、社員の家族と笑顔で未来を描ける18期になりそうです。

社内変革の兆し・・・ファーストペンギン


OLYMPUS DIGITAL CAMERAきな1歩です

 

 

 

 

 

 

 

 

今日 午前中 工事スタッフの田中から 「常務お話があります。お時間を頂けませんか?」といつになく 真剣な眼差しです。

 

応接室に入って・・・・話し始めた内容は、

業務の「あれ?」「おかしい」の改善の提案でした。

● 現在報告書に添付する書類の充実を図りたいというもので、使用材料の工場出荷伝表を統一したい。

● 現在の原価の入力法を変更し、わかりやすく、早く、全員が関わる事が出来るシステムにしたい・・

というものでした。

 

昨日の夕刻、工事のメンバーが業務終了後に18期に向けてのミーティングを行っていましたが、彼女は一旦帰宅し、子供たちの夕食の用意やご主人への用意を済ませて、メンバーから遅れて会議に合流したのです。

 

これまで、何度となく会社からの働き掛けで改善を試みたのですが、継続できず、現在に至っていたのです。

 

他のメンバーにお願いをしたものの・・・・

やっぱり 自分で伝えた方がいいかなぁ・・・・

そんな思いで会社に戻って来てくれていたのです。

 

子供を抱えながら働く事の大変さは、経験をしたものでなければわかり得ないもの・・・だからこそ、うれしくてうれしくて・・・・

こんな素晴らしい 社員が 本当に 誇りに思え 愛しくて愛しくてたまりませんでした。

 

また・・・・どんな、企画を持ち込んでくれるか・・・・楽しみに待つことにします。

 

 

 

本日 新人フォロー研修です


OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014年 8月26日 10:00~16:00

グランド技研 本社 2階会議室において

新入社員 フォローアップ研修を実施いたしました。

4月入社から4か月・・・・さみしいのですが、2名の仲間が新しい進路を選択しました。

それぞれのおもいがあり、悩んだ末の選択です。

どうかこれからの人生に幸あれと 願うばかりです。

 

そして、弊社には新しい仲間が2名増えました。

8月中途採用になりますが、今回の研修から合流しました。

初めは互いに戸惑う場面もありましたが、流石 先輩のメンバーが、笑顔で受け止めて受け入れていました。

 

傍で見ていて、ほほえましい光景でした。

 

今回は、午前中に 東京に本社を置く ソーシャルアライアンス 会長の桑原氏の講演DVDの鑑賞をしました。

これから人生を活きていく上での素晴らしい とんでもない ヒントが盛り沢山で、メンバーの気づきは大きなものの様でした。

 

午後からは、「理想の会社とそうでない会社」のスキット

監督・脚本・演出・出演を4名のメンバーが40分に時間内で考えリハーサルを行い、講演してくれました。

 

実際に演じてみたことで、体感出来たこと。感じた事・・・・

楽しみながら、素晴らしい気づきがありました。

 

次回は、ビジョンシートの作成で、自身の未来を描きます。

 

キャリア スコープ プロジェクト インタビュー


OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014年 8月18日 お盆休暇明けのこの日

先日打ち合わせに来社下さった 福岡工業大学の2名が 社内と屋外での社員のインタビューに来社されました。

この日は、前日からの雨が午後には上がり、少し風が心地よいほどの気候でした。

 

屋外に慣れていない学生さんにとっては、しのぎやすいものでした。

 

午後2時にスタート

まづは、設計の核 黒田のインタビューを社内で行いました。

1時間の時間を費やし、3時をめどに車で20分ほどの現場へ移動。

 

実際の重機を間近で見学(当然・・しっかり ヘルメットを着帽です)

オペレーターの橋本に 直接質問をしながら、写真も パチリ!

取材記事はもうしばらく 時間がかかる・・・という事ですが、どんな記事になるのか?・・・・・取材を受けた社員も緊張しましたが、楽しみにしているようです。

 

男前に 映って居ますように!!  (#^.^#)

 

熱い中 取材 ありがとう ございました。

明日は 新人フォロー研修です


人財開発推進機構 九州 主幹で 新人フォロー研修を開催しています。

 

地域を元気にしたい。

企業に入社する新卒者が少なく 同期がいない。

同年代での相談者がほしい。

会社の規模により社内育成に時間がかけられない。やり方がわからない。

若手が活躍できる”場”を創りたい

 

など、社員さんの活躍する環境を整備しようとする経営者の念いが一つの形になったものです。

弊社以外でも、福岡・北九州で開催しています。

様々な内容で企画されています。

 

明日は2014年新入社員 フォローアップ研修 3回目の開催です。

 

コミュニケーションのやり方・社会人としての立ち振る舞い・組織人としての責任、

わかっている事・新しいアイディアをインプットし、その事をアウトプットしていく時間も用意されています。

 

みんな 活き活きと楽しそうです。

現在は3社 9名

18歳から24歳までのメンバーで切磋琢磨中!!

みんな、社外で同期を創れる環境に感謝しています。

社長・・ありがとうございます。

 

 

台風8号 特別警戒発令  大きな台風の目


台風8号 の目 20140709

沖縄地方を暴風雨に巻き込み、床下浸水・土砂災害・停電・・など 驚く様な映像とともに情報が入って来ます。

鹿児島も風雨が強まっています。

これから九州南部・北部に影響をもたらします。

昨年の京都の災害から気象庁の警報発令に変化がありましたね。

自然相手に私たち人間は何ができるのでしょうか?

この異常気象といわれる現象をどう 受け取るればいいのでしょうか?

何が平常・例年通りで、何が異常なのか・・・・

 

皆様の身の回りの異常現象に気を留めて、どんなメッセージが隠れているのか・・・・

思考を深める機会にする事も・・・いいのかもしれませんね。

 

日常の出来事に 感謝です。

大切で大好きな仲間が 永遠の眠りに


OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

同郷の大切な大好きな経営者仲間が50代の若さでこの世を去りました。

彼は、故郷を元気にしたい!と、地域の学校に訪問し、ご自身の中にある「全ての愛」を若い世代に伝える活動を継続されていました。

それは、社員さんへの愛・ご家族への愛・地域への愛・お客様への愛・お取引先様への愛・先祖、子孫への愛・・・会社への愛 深く無限の愛そのものでした。

 

今年、リクルート活動を進める中、

なんと高校時代に「実はうちの学校に社長が講演に来て下さった事があります。話を聴いてとても魅力的な企業だと感じていて、今年就活をする中、是非入社したいと、説明会に参加しました。」と、いう学生さんがいらっしゃったそうです。

その企業の幹部社員さんは言います。

当時社長がしている事を理解できず、何をしているんだろう。仕事に関係ない事を・・・・・と、少し不満に感じた事もあったと 振り返りながら、「これだったんですね・・」「点と点がつながって今成果が表れている様に感じてなりません。やっぱり社長はすごいなぁ・・と改めて尊敬します。」

企業のあるべき姿とは何か

経営者 幹部 一般社員 括りがあるとしても、

未来に そして子孫へ 子供たちへ

今より素敵な未来を残したいと 誰もが願っているのではないでしょうか。

 

だからこそ、好きな事だけをする。

楽な方法を選ぶ。

効率的を優先する。

悪い事ではありませんが、

もし、人として、生きるのであれば、嫌いな事でも、努力を強いられても、時には時間をかけても、

自分にも、志事にも誇りを持つ努力を惜しまない生き方をする大人が居てもいいのかなぁ・・と

少し感傷的になりましたが、紫陽花のこの季節になると自身を顧みる機会になりそうです。

 

お名前は出せませんが、

〇〇社長 出逢えてよかったです。

縁をつないで下さってありがとうございます。

意思を受け継ぐ者・企業として、大事を急ぎ、あるべきことを、為すべき事を行います。

皆さん。身近な人へ 感謝の言葉を 口に出して伝えていける存在になりたい。と思いますが、いかがですか?