読売新聞 東京本社から 女性の社内活用の取材を受けました。


2014年 9月26日 金曜日 8時~

読売新聞 東京本社 生活部から弊社の代表 萩原と 女性社員 田中が、取材を受けました。

 

「女性の活用の仕方」の先進的な企業としての取材でした。

キャリアの前倒し・・・をして、産休に備える・・

産休明けに復帰しやすい環境を自ら創る・・

・・・・・という取り組みをする企業も出て来たのだそうです。

 

大企業ではない私たちの様な中企業の取り組みを、注目して頂けることに感謝でした。

 

 

女性の社会活用は安部総理も提唱されており、ダイバーシティの目玉の様に、メディアで取り上げられています。

 

わが社も「子育て支援宣言」・「ポジティブアクション企業」などに登録をさせて頂き、

3月には、福岡「女性が活躍する新進企業事例集」のリーフレットにも取り上げて頂くなど、様々な活動をしてきました。

 

土木・建築 地盤調査の業界(所謂・・男性主導)の中にあって、女性の活躍を支援する代表のおもいが、すべてのスタートです。

 

特に注目を集めた施策は「男性も含めた役職の一時撤廃」でした。

 

 

女性の活躍には、男性の理解と支援が不可欠です。

私ともの会社では、男性の理解は非常に高く、支援も得られる状態であるからこそ、このような取材も受けられるのだと、感謝の言葉以外に何もないのです。

 

 

詳細は後程 させて頂きますが、まずは、取材をうけた報告でした。

 

 

 

 

 

御嶽山噴火を目の当たりにして・・ 災害から身を守れるのでしょうか


御嶽山噴火写真自然の前で何ができるか

 

 

 

 

 

 

2014年9月27日 土曜日 午前11時52分ごろ 長野県・岐阜県の県境に位置する御嶽山が噴火しました。

 

皆さんも驚かれたことでしょう。

 

折しも、週末の山日和。

多くの登山客で山野はにぎわっていたと言います。

 

人により、情報はまちまちです。

● 突然噴煙が上がり、驚いたが、音はしなかった。(危機感を感じ逃げ出す人は少なかったようです。)

● 雷の様な音が聞こえたり、岩が転がる様な音がして、白い噴煙が上がったので、「やばい」と感じてどうしようか考えた。

 

心肺停止の方や、死亡が確認された方がいらっしゃいます。

ご冥福を心より お祈り申し上げます。

 

 

私も含めて・・皆が感じる事は、事前に予測はできなかったのでしょうか? という事です。

しかし、残念な事に現在の気象庁のレベルでは、予測は不可能なのだそうです。

 

私たちは、この現実を受け止めて、防災に努めていかなければならないという事でしょう。

 

 

そこで、皆様は「正常性バイアス」という言葉をご存知でしょうか?

 

心理学の視点から、「なぜ 災害時に人は逃げ遅れるのか?」と言われます。

 

災害に遭遇した場合、素早く危険を回避できる人は多くはないとも言われますが、それでも逃げ遅れる人の心理には、この「正常性バイアス」が働いているのだそうです。

 

私たちの心は、予期せぬ出来事に対して、ある程度「鈍感」にできています。

なぜなら、日常でことある毎に、びくびくしていて反応していては、心も体も疲弊してしまうからです。

 

ですから、ある程度の限界までは、正常の範囲として処理する心のメカニズムが備わっているのです。このメカニズムを「正常性バイアス」と言います。

 

その事を踏まえた上で、

 

災害時に生き残るポイントとして、

1・年齢が災害時の生存を決定する

2・富める者が有利に

3・冷静沈着な判断は生存率を固める

4・タイムリーな意思決定と行動力が大切

5・生存への意思が命を救う

 

これは、2004年1月に発売された

「人はなぜ 逃げ遅れるのか 災害時の心理学」 広瀬弘忠著 の抜粋です。

一読され備えられてはいかがでしょうか?

 

 

広島の大雨・東京の地震・御嶽山の噴火・・・・

予兆を見逃さず、自分の身は自分で守れる様に、日ごろから心がけたいものです。

 

お亡くなりになられた方のご冥福を祈ると共に、

この事から私たちは何かを学び、

次に生かす知恵を生み出す使命があるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日 9月9日 お陰様でグランド技研は18歳になりました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA ケーキ全員 ケーキ OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成9年9月9日 五節句のひとつ 重陽の節句の本日

私とものグランド技研の創立記念日です。

18歳を迎える事が出来ました。

これも、ごひいき下さる皆様のお蔭です。

心から感謝申し上げます。ありがとうございます。

 

会社では、誕生ケーキでお祝いをさせて頂きました。

帰社した社員さんとケーキを囲んで、創業社長の萩原が、創業のおもいを伝えさせて頂きました。

 

お一人おひとりに、お祝いのおまんじゅうをお土産に用意して、創業者からのメッセージを添えました。

 

私たちの志事は、建築物が建つと、確認する事ができません。

成果品を確認できる事が困難な業種です。

だからこそ、私たちは、自らの存在で”信頼性”をお伝えする努力をしています。

 

会社の起源である”本日”をお祝いできる事に感謝です。

20年・30年企業を目指して参ります。

 

ちなみに

五節句

人日(じんじつ) 1月7日  七草に節句

上日(じょうじ)  3月3日  桃の節句

端午(たんご) 5月5日   菖蒲の節句

七夕(しちせき) 7月7日  七夕(たなばた)の節句

重陽(ちょうよう) 9月9日 菊の節句

●陰陽思想では奇数は陽の数字で、陽数の極である”9”が重なる日であることから「重陽」と呼ばれる。

奇数の重なる月日は陽の気が強すぎる為、不吉とされ、それを払う行事として節句が行われていましたが、「九」は一桁の数のうち最大の「陽」であり、特に負担の大きい節句と考えられていました。

しかし、後に、陽の重なりを吉祥とする考えに転じ、祝い事となったものです。

9月から 18期になりました。 最強の助っ人です。


__ 2 __ 3

同時力(同時に複数を行う)のマスタ-。食事の合間にfacebook投稿です。

 

東京に本社を置く、ソーシャルアライアンス 株式会社 代表取締役会長 桑原正守氏が昨日9月2日から福岡にお出で下さいました。

 

弊社代表 萩原とは15年来のお知り合いであり、経営コンサルの顧問をお願いしています。

 

全て何か食べているものばかりですが、お仕事の話もしっかりしました。

 

桑原氏は、独立前には世界40か国以上に影響を与える自己啓発プログラムの世界一を獲得された、伝説のセールズマンであり、コミュニケーションのマスターです。

ご自身でプログラムを作成されたり、書籍も複数あります。

先日の新人研修にはDVDを教材に使用させていただきました。

そんな最強の経営顧問と共に、記念すべき18期を迎える事となりました。

 

更なる飛躍と充実・わくわく感を社内でシェアして、お客様・お取引様・何より、社員の家族と笑顔で未来を描ける18期になりそうです。

水災保険をご存知ですか?


水害写真

広島ではまた、雨が降り始めています。

被災されました皆様のご冥福と、現地の1日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

まだ数名の方が行方不明のままです。

ご家族の方の心情を思うと、言葉がありません。

手をあわせずにはいられない毎日です。

 

そんな中でも、半壊した家屋や全壊した家屋を抱え、生き抜く方々もいらっしゃいます。

2011・3・11 の地震発生あと、地震保険を見直された方も多くいらっしゃいますが、今回は、火災保険の中の「水災保険」への加入の有無が、家屋の修正工事費の軽減に大きく影響を与えると言われています。

 

皆様はご存知でしたか?

 

私は、知りませんでした。

 

一口に「水災」といっても、種類があるようです。

「洪水」「高潮」「土砂崩れ」

「土砂崩れ」の中には地すべり:崖崩れ:土石流:などがあるそうです。

 

詳しくは、「水災保険」で検索されると、詳しく書かれていますので、参考にされてはいかがでしょうか?

 

大刀洗でも雷がとどろいています。

 

皆様 どうか、ご安全に お過ごしくださいませ。