2014年 10月グランドデーのお知らせ


毎月開催しています、グランドデーのお知らせです。

 

10月度は10月24日の予定です。

 

毎月お客様にはご迷惑をかけておりますが、

●更なる品質へのこだわりをあげる事

●社員の品質・おもてなしの心を磨く事

●新しい技術や情報を仕入れる事

●社員間の懇親を深める事

など、目的は、それぞれ月により異なりますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

言われた事だけを行う会社や社員で終わりたくありません。

地盤のプロとして、常にお客様より半歩でも先を行く存在でありたいと願って止みません。

その為の時間も必要となります。

「さすが」

「あなたにお願いしてよかった」

「そこまで提案して下さって助かった」

その一言が私たちの原動力になります。

2014年10月24日 は グランドデー です。

ご理解とご協力 お願い申し上げます。

寺子屋プロジェクト 2014年新人フォロー研修 開催


2014年10月10日 午前10時〜午後4時 株式会社グランド技研にて、新人フォローアップ研修を開催いたしました。

 

この日の大きな目的は「自分のビジョンシートを作成する」事。

 

自分を取り巻く環境を可視化する事からスタートしました。

 

自分の周りには、どんな人たちが存在し、関係性はどのようなものか。

また、同じ人でも視点を変えると位置が変化する事はあるのか?

それは、なぜか?

 

そして、人称で関わり方を検証していきました。

物事の捉え方を自己中心的に考えて行動するか

物事の捉え方を少し広げて、周囲との関係性まで考えて行動するか

 

それは、どのような変化をもたらすか?

 

自分以外の人の目標や夢に関わる事が、自分の潜在能力を引き出す機会になるのではないか・・・?

そのような映像を鑑賞し、ビジョンシートの作成に取りかかりました。

 

次回は、11月20日 開催です。

後半は、親睦会の予定です。

リクエストは「鍋」  どんな 親睦会になるか・・・楽しみです。

 

 

※ 鑑賞した映像は 「チーム ホイト」で検索するとヒットします。

※ 親子でトライアスロンに参加する内容の映像です。      興味のある方は どうぞ。

 

 

2015年 学卒 合同説明会 国際会議場 参加させて頂きました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今年入社の先輩です

 

2014年10月6日 (月) 福岡国際会議場にて 福岡県中小企業経営者協会主催の合説に参加させて頂きました。

 

会場には、既に内定を受けた学生さんも参加をされており、これからの人生の大きな岐路を真剣に考える学生さんで賑わっていました。

 

私どもの会社では、総務人事担当と、今年入社の新人の二名で参加をしました。

 

古参の古い話より、フレッシュな話・今の若者目線を感じながら、対峙するためです。

 

そして、社歴に関わらず、成長や自分を客観視する機会・そして自己表現のトレーニングの場を提供する、育成の現場という視点からも、この様に日の浅いスタッフも同行させています。

 

会場の飾り付け・ポップもすべて手作り。

先輩たちの笑顔の写真や、現場での真剣な表情・実際の業務の様子の写真を展示しました。

派手さや洗練さとは少し離れていますが、先輩たちのおもいやあたたかさを伝える為に、敢えて「泥臭さ」と「むくもり」「絆」を持ち込みました。

 

ブースにおいで下さった人数は、少数(全員)精鋭を感じさせる素晴らしい素地をお持ちの学生さんでした。

 

既に我が社では、1名が入社予定ですが、これからも可能性にチャレンジする若者の採用を予定しています。

 

優しさばかりではありません。厳しさの中に本質を見極められる社会人の育成が雇用側の使命だと考えて、これからも採用活動を続けて参ります。

 

次回は、23日に合同説明会。その後、会社説明会を開催し、選考会へと移行して参ります。

 

どんな会社に入社するか?

そして、どんな先輩・同僚(どんな人と)と志事をするか?

そして、その志事にどんな価値を見いだせるか?

 

まだまだ発展途上の会社ですが、一緒に育つ気持ちを持っています。どうか、興味を持って弊社の採用選考会へご参加下さいませ。

 

来春 高卒2次選考会 現場見学を行いました。


__調査の見学風景__ 3工事の見学風景

 

 

 

2014年 9月30日 10:00より

来春の新卒2次採用選考会を開催いたしました。

該当者は2名。

1次試験を見事突破した2名の男子学生さんです。

 

少々緊張の面持ちで本社事務所にいらっしゃいました。

 

私ともは、新卒試験の場合、実際の現場へお連れしています。

時間を有する事になりますが、互いのミスマッチを防止する目的で、学校・ご本人の理解の下、継続できています。

 

午前中は、地盤補強工事の施工現場へ

そして、昼食をはさみ、午後からは調査の現場へ向かいました。

 

移動の車中で、一応の予備知識を伝えます。

①何の目的で地盤の調査・補強工事を行うのか

②どんな種類があり、今回はそのうちのどんな内容のものか

③現場での注意点  など

 

それぞれの現場では、先輩社員さんが施工の手を止めて、本日の担当業務を述べてくれます。

 

一見すると、土にまみれ、風に吹かれる屋外業務は「やりがい」や「こだわり」などは、存在しないように思われますが、わが社の社員さんの口からは、

「僕の志事は、上に土が覆いかぶさると全く見えなくなります。

見えなくなりますが、この切り口(地中に打ち込んだ鋼管を基準に合わせてガスで切断する切り口の事)をきれいに仕上げたいんです。

そして、その切り口に蓋を被せ、溶接を行いますが、その仕上がりも、塊が出来たり見栄えが悪いと納得できないんですよ。

とにかく、見えなくても、きれいに仕上げたいんです。

それが、僕の志事に対するこだわりなんです。」

 

22歳の社員ですが、きらきら輝きながら、見学する学生さんに話す姿に、私まで、胸が熱くなりました。

 

見学が終了し帰社後、2名に尋ねたところ、二人とも、

「かっこよかったです。」

「あんな風に自信を持って話ができる様な仕事がやりたいです。」

「きっと誇りを持って仕事をしてあるんだろうと感じました。」

 

このような、感想を述べてくれました。

 

私ともの会社は、楽な業務ではないかもしれません。

汚れる・危険・地味・・・・そんなイメージが業界でもあります。

 

しかしながら、現在では、「現場男子」として、見直されている側面もあります。

 

若き可能性を募り、日本の未来を足元から支えていける企業である! 事を感じながらの2次選考会でした。