沈下修正工事とは

地盤調査が主流でない時代の沈下・傾いた住宅を主に施工をします。専門スタッフが現場に出向いてその状態を把握し、地盤の度合いに合わせた工法を提案します。

ページトップ

沈下修正工事の各補強工法

アンダーピニング工法

住宅の荷重を反力に鋼管杭をジャッキで圧入しながら溶接で連結し、支持地盤まで到達させ住宅を水平に戻す工法です。再沈下の心配が少なく、近年は当工法を多く使っています。

耐圧版工法

住宅をジャッキアップさせるために反力となる耐圧版を基礎下に設置し、ジャッキを使い基礎ごとリフトアップさせる工法です。 支持層までが比較的浅い場合に用いられることが多い工法です。

土台修正

基礎と土台を切離し、ジャッキによって土台から上部を持ち上げる工法です。

薬液注入工法

地盤に薬液(セメントミルクなど)を注入し、地盤の透水性を減少させ、地盤の強化、及び地盤の変形防止を図る工法です。

ページトップ

資料請求・お問い合わせ

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら