地盤調査とは

地盤調査では地盤の強度(支持力)を調べ、どのくらい地盤が安定しているかを測定します。
戸建て住宅、店舗、公共施設などの建築物の規模、目的を問わず、建物を安全に支持できるだけの地盤の硬さや土質、必要とする技術(工法)などを見極めます。

グランド技研の地盤調査について

弊社では国土交通省のガイドラインを基準に、地盤の状態に合わせた的確で効果的な調査を行っています。
調査には精密な全自動マシンを使って地盤の強度、深さ、地層の状態などきめ細やかにデータを集めます。その機械の信頼性は極めて高く、 多くの方に弊社を支持いただける理由の一つです。

ページトップ

スウェーデン式サウンディング試験 (SWS試験)

地盤調査の定番といえば

主な特徴

  • 戸建て住宅の場合、配置の四隅と中央の5箇所を基本に計測できるので、
					敷地内での強度のバラつきなどが把握できます。
  • 深度最大約20mまでの計測が可能なので、軟弱地盤の支持層確認としても効果を発揮します。
  • WS試験は住宅地盤に最も適した調査法です。地中に細いロッドを貫入させ、
					その回転数により地盤の硬さを計測します。国土交通省認定の地盤調査法の中でも多くの実績を持つ、日本で最も一般的な方法の一つです。

SWS(スウェーデン式サウンディング)試験とは

SWS試験は住宅地盤に最も適した調査法です。地中に細いロッドを貫入させ、その回転数により地盤の硬さを計測します。 国土交通省認定の地盤調査法の中でも多くの実績を持つ、日本で最も一般的な方法の一つです。

図解

手動による試験装置の例

自動試験機の例

スクリューポイントの例

ページトップ

スクリュードライバーサウンディング試験(SDS試験)

SWSの次世代機

主な特徴

  • 近年開発された新しいサウンディング試験です。
  • 従来のSWS試験では分からなかった土質(土の種類)を詳細に判別できます。
  • SWS試験が過少評価してしまうような洪積粘土(推積年代の古い粘土質の層)からデータから正しく判断できます。

SDS (スクリュードライバーサウンディング) 試験とは

SDS試験とは、地盤の土の種類をより正確に判断し、的確な地盤評価を支援するための調査法です。 低コスト、短納期でボーリング調査に匹敵する土質判定が行えるので地盤事故を減らす技術としてさらに需要を高めています。

ページトップ

表面波探査試験(レイリー波探査)

SWS試験とダブル調査すると効果的

主な特徴

  • SWS試験のように細いロッドを地中に貫入させる方法と違い、地盤に穴を開けずに地表面から計測できます。
  • 表面波探査試験は地表部から振動で計測するため、どんな地盤や地中の状態であってもデータ採取が可能です。

表面波探査(レイリー探査)とは

レイリー探査とは振動が地中に伝わる速度によって地盤の硬さを測る調査法です。 ある物質に振動が加わったとき、その振動の波は物質が固いほど早く、軟らかいほど遅く伝達します。その特性を地盤に応用し、伝達の速度を計測でき、地盤の硬さが分かるのです。

図解

起振器使用の表面波探査システム

ページトップ

ボーリング調査(標準貫入試験/N値測定)

大型建築物の地盤調査に信頼度の高い

主な特徴

  • ボーリング機(掘削機)と併用するため、貫入力がとても強くどのような硬質な地盤でも計測できます。
  • 地中に貫入させるパイプ(サンプラー)は地中の土をそのまま採取するのでその土を利用した細かな土質試験が可能です。
  • 近年注目されている液状化現象もこのボーリング調査の数値を使用します。

ボーリング調査(標準貫入試験/NN値測定)とは

ボーリングBoring(=くりぬくこと)によって掘削した孔を利用して1mごとに地盤の硬さを測定していきます。 「ドライブハンマー」と呼ばれる錘を一定の高さから落下させ、その打撃力により「サンプラー」と呼ばれるパイプを地中に貫入させていきます。その打撃回数により地盤の硬さを計測します。

図解

標準貫入試験装置の概略図

ページトップ

資料請求・お問い合わせ

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら